インターネット上の「風評被害」対策

風評被害は貴社の利益を損ないます。 インターネット上の「風評被害」対策 風評被害は貴社の利益を損ないます。 インターネット上の「風評被害」対策
HOME > 風評被害対策

誹謗とは?

「誹謗」とは
・根拠があるなしにかかわらない。
・対象をそしりけなすこと。
 

中傷とは?

「中傷」とは
・根拠がまったくない。
・根拠もなく悪口をいうこと。


「誹謗」と「中傷」は、どちらも「対象を悪く言う」という意味で用いられているうちに、「誹謗中傷」という四字熟語が使われるようになったといわれています。
・誹謗中傷を受けた多くは、多大な精神的苦痛を被り、ストレスが蓄積されます。
誹謗中傷のつもりで発した言葉ではなくても、人によってはその言葉を誹謗中傷として受け止める場合も数多くあります。
明確な根拠がある事実を表明することで他人の悪事などを暴露し、結果的にその人の名誉を失墜させることは、誹謗であっても、中傷や悪口とは言いません。

特に公共の利害に関する目的で、たとえば組織などの悪事を暴露する事は、内部告発などのように法的にも正当な行為として認められています。
ただし、その目的が公共の利害に関係したことでなければ、公表したことが事実であったとしても名誉毀損に該当します。

風評被害対策

風評被害対策として、当社は5つの対策をご用意しております。
 

逆SEO
ブログ掲示板対策
風評被害監視
入力補助
関連検索対策

予想されるされる企業リスク


【人事・総務】
自社や、自社製品の誹謗中傷を見た社員の意欲が低下する。又、新規採用においても支障をきたす場合が生じる。
・社員、スタッフのモチベーションの低下
・社員、スタッフ個人への誹謗中傷
・新規採用求人の応募者数減少


【営業】
クライアントからの信頼が低下し、取引停止や売上の低下などが懸念される。
・取引先から取引停止
・新規取引先の減少


【広報、マーケティング等】
会社のイメージが毀損。過去のスキャンダルが、現在の首脳陣の責任問題にまで発展する。
・マスコミ等によるスキャンダル
・会社や商品、個人の評判、信用の毀損
・株価の低下

 

  • HOME
  • 会社案内
  • 事業案内
  • 事業案内
  • CSR
  • 個人情報保護方針
  • 採用情報
  • お問い合わせ